HOME > 沿革・事業内容


平成16年(2004年) 9月
  旧日開谷幼稚園がボランティア拠点「日開谷共用所」となる

平成17年(2005年) 4月
  阿波市の誕生とまちづくり団体補助金により、
  参加型ボランティア団体『阿波市めだかの学校』が誕生する

平成21年(2009年) 4月
  日開谷共用施設の指定管理委託を受ける
  厚生労働省ふるさと雇用再生特別基金事業(ふるさとサポート事業)の委託

平成22年(2010年) 2月
  特定非営利活動法人認証

平成22年(2010年) 4月
  法人として正式に活動を開始する

平成24年(2012年) 4月
  市場高齢者共同生活施設の指定管理を受ける


組織図
























































①地域の資源を活用して、産業を振興する事業
 (日開谷の里部/阿波ベジBOX農産加工品の製造販売

②地域の生活を守り、福祉の増進を図る事業
 (オールドシネマ料理勉強会

③まちづくりの推進を図る事業
 (交流事業、農業体験事業清掃奉仕活動/就農・移住希望者への情報提供による支援)

④公共事業に関する管理運営の受託事業
 (高齢者共同施設、城王いこいの郷日開谷共用施設

会報及び啓発・広報事業

HOME > 沿革・事業内容

≪ リンク ≫