犬は全身が被毛に覆われているため、皮膚自体は非常に薄くなっています。
そのため、細菌や寄生虫、アレルギーの原因物質などの外部からの刺激に影響を受けやすく、
人間以上に皮膚病になりやすいと言われています。

犬の皮膚病は、ノミやダニなどの寄生虫感染、細菌やカビによる感染症、アレルギーや内分泌異常などが原因となって起こります。
犬の皮膚病は、特に命に別状はありませんが、一度発症すると何ヶ月、もしくは何年という長い間、皮膚病の症状に悩まされる事が多いため、根絶が難しい場合には生涯を通じて付き合っていかなければならない場合もあります。



光触媒テクノロジーから誕生した、
人にも犬にも安心安全な除菌効果
犬の皮膚病に
犬の皮膚病に


犬の寄生性皮膚病

 

寄生性皮膚病の中でも特に多い皮膚病に、ノミアレルギーがあります。


これは、ノミに噛まれた際に、ノミの唾液に含まれる物質に対してアレルギー反応を引き起こすものです。

 

また、ノミの糞やノミの体そのものに対してアレルギー反応を示す場合もあります。

 

他にも寄生虫感染による皮膚病は、疥癬(かいせん)やアラカス症(毛包虫症)などがあります。

 

疥癬は、ヒゼンダニ(疥癬虫)が皮膚に寄生する事で強い痒みが生じる寄生虫感染症で、激しい痒みから何度も体を掻き毟るため、脱毛を起こして皮膚に傷ができたり、細菌による二次感染を起こして化膿する場合があります。

 

また、アラカス症(毛包虫症)は、ニキビダニが犬の毛穴に寄生して起こる皮膚病で、体のいたるところに脱毛が見られ、皮膚が赤く腫れてフケが多く出るようになります。

 

そして、そのような症状は全身へとどんどん広がっていきます。

 

これらの寄生虫は、早期のうちに駆除し終える事がとても難しいため、根気強く対処をおこなっていく必要があります。

 

また、犬の体だけでなく、生活環境にも多数の原因虫が潜んでいるため、室内はこまめに掃除をおこない、衛生的に保つ必要があります。

 

犬の皮膚病に!細菌やウイルスを安全に分解する光触媒ミスト

犬の皮膚病の痒みは、気温の上昇に伴ってどんどん痒みが増していきます。
そのため、夏場は皮膚病の症状が悪化しないように、風通しの良い環境や、日中でも涼しく過ごしやし環境を用意してあげる事が、皮膚疾患の症状軽減につながります。
また、空気の乾燥などから皮膚が乾燥すると、痒みがさらに増してしまいますので、霧吹きなどで適度に皮膚を保湿したり、加湿器で室内の湿度を適度に保つ事も大切になります。