防災訓練
2005年9月4日
  滋賀県防災訓練が安曇小学校のグラウンドで行われました。地震が起きたという想定で、一般住民のバケツリレーや消火器による初期消火訓練があり、自警消防団の消火訓練に参加しました。






 現役の安曇川町消防団第一分団の団員達。高島市になり団員の服装が変わっただけでなく、団員の顔ぶれもすっかり変わって、消防団OBを主力に組織している南市自警団の団員と、一緒に活動した団員は随分と少なくなりました。


  南市自警団の団員は、殆どが安曇川町消防団のOB。団長・分団長・部長など消防団幹部の経験者も多く、自警団としては非常にレベルが高いと自負しています。
 


 南市自警団の放水。接続している水道管が濁らないように、放水する水の圧力を極端に落としているので、こんな情けない放水になりました。

消防団と消防署の現地対策本部。
      

第5分団の消防車と団員達。
 
鍛冶屋村には大津市から、瀬田分団の消防車が配置されました。