惣社神社の どんど


2008/1/13
  朝早くから準備に当たって貰った区役員や氏子総代さんのお陰で、例年に無く大勢の参拝者があり、賑やかな「どんど」になりました。年末に注連縄を作るために栽培した滋賀羽二重糯ですが、残った稲を収穫してファミリーフェスティバルで餅つきをし、更に年末に役員さんが搗いたお餅が、「どんど」にお出で頂いた区民の皆さんに振る舞われました。
  冷え込みは大したことも無かったのですが、少し霰がちらついてどんよりとした曇り空。古いお札を持ってきてどんどの火で燃やしたり、アルミホイルに包んだお餅を持参され、どんどの火で焼かれる方もあり、冬の一時をたき火を囲んで賑やかに過ごしました。
  「どんど」の開始は午前7時。役員さんには、暗いうちから準備に当たって貰った様です。これらの2枚の写真は、副区長の安原君からメールで頂きました。