ファミリーフェスティバル-07










2007/11/11 (日)
  週末になって天気が不安定になり、前夜もかなりな雨が降りました。朝方、安曇小学校のグラウンドでグランドゴルフの始まる頃には、曇り空に雨の気配もあったのですが、風こそあって少し肌寒かったものの次第に晴れ上がって、お陰でお餅つきを会議所の庭ですることが出来ました。
  区役員の女性陣が朝から準備した、大きな鍋2個分の豚汁も大好評。大根おろし・餡・きな粉と、3種類を用意したお餅と共に、綺麗に全部無くなりました。南市区の昭和30年代をイメージして描かれたという、大きな屏風絵の飾られた会議所で、グランドゴルフの表彰式を兼ねての懇親会でしたが、区民のおよそ1割の方が参加して下さった、意義ある催しになりました。








小さな子供達は、区民運動会で行うグラウンドボーリングを楽しみました。












  子供達がかなり多かったのにも関わらず、誰も注意しないのに脱いだ靴が、ごく自然に綺麗に並んで行ったのには、ちょっと嬉しくなりました。


  グランドゴルフが終わり、参加者の方々が南市区会議所に来られるのを見計らって、豚汁を食べて頂くための盛りつけが始まりました。その間に1升用2台2升用1台と、計3台の餅つき器で糯米を蒸して、安曇小学校からお借りした臼と杵で、子供達が行う餅つきの準備も同時進行です。









  日差しが戻って暖かくなって来たので、部屋から見て貰えるのも都合がよいと、子供達には庭でお餅つきを楽しんで貰うことにしました。つき上がったお餅を小取りするために、餅切り機を使いました。こんな便利な道具があることをご存じなかった方も多く、同じ大きさに切れること、手で切るのと違って熱く無いこと、握力が要らないこと…等々の理由で、大好評でした。













  この写真を応募したところ採用され、高島地域農業センターの広報誌「あぐりん・ふぉーめーしょん・湖西の風」2008年11月号の表紙に載りました。


















  お客様にお帰り頂いてから、準備に当たってきた役員が板の間でご苦労さん会。