2008/7/7
  7月7日午前10時から、南市の惣社神社で祇園祭が執り行われました。まだすっかりとは明けきらない梅雨空のお陰で、何とも蒸し暑い一日でしたが雨には遭わず、無事に幟下ろしまで終える事が出来ました。
  宮守の安原さんの手で、湯立てや祭典全ての準備が整えられています。

  粽(チマキ)も美しく仕上がり、神前に供えられました。





  お祓いが済むと、献餞を行います。



  今年は平井さんにお茶を点てて頂き、献茶が行われました。

  伊藤宮司による祝詞奏上。




  巫女・河毛さんの舞い。

  程よく煮えたぎっていて、今年の湯立てのお湯は熱かった様です。






  撤餞も済んで、お酒と笹の香りがする湯立てのお湯を、皆で頂きました。





  会場を区会議所に移して、直会です。




  夕方5時から幟を降納しました。