注連縄作り

2007年9月16日
  南市区では惣社神社に奉納するため、区の役員や氏子総代が年末に注連縄を作ります。毎年滋賀羽二重糯の稲藁を準備するのですが、色が飛んでしまって綺麗な注連縄にならないとの事で、別の所から頂いた藁を使っていました。
  色々と調べる内、注連縄にする稲藁はもっと早く刈り取って、乾燥させて保管するのだと解り、今年は減反した田に作付けして出穂したあと、まだ稲が青々としている内に作業する事にしました。
  月初めに穂が出たのですが、稲穂が稔る前に区長と氏子総代の3人が刈り取りをしてくれました。風通しの良い場所に陰干しをして、年末の注連縄作りに備える予定です。