個人売買 '75 KAWASAKI Z1B "CUSTOM" 旧車 オートバイ サイドカー 趣味車 スクーター 個人売買お手伝いサイト SEIYAA セイヤー  − その他のオートバイを見る SEIYAAトップ

 copris club vintage motorcycle collection
  '75 KAWASAKI Z1B "CUSTOM"
 
 

       

   

1972年に販売を開始したカワサキ Z1(Z900)。
その後に日本国内の排気量規制に適応させた750RSのオリジナルとなるモデルで「カワサキZシリーズの始祖」とも言うべき存在です。

それまでカワサキでは2ストロークエンジン搭載の750SSマッハが最大排気量モデルでした。
4ストロークエンジン搭載モデルでは、W650が事実上の最大排気量車となっており、空冷4ストロークエンジンの大排気量車の開発が内外から求められていました。

川崎重工(二輪車製造部門、以下カワサキ)では、市場で陳腐化を指摘されていた英国流のW1 (650 cc) とは異なる空冷4気筒750ccの大型車構想をかねてより持っており、エンジン試作等を行っていました。
しかし、1968年の東京モーターショーにおいて、本田技研工業(以下ホンダ)から同じコンセプトを持つドリームCB750Fourが発表され、カワサキとしては出鼻を挫かれた格好となったのです。
ホンダに一矢を酬いるべく、マシンスペックや車体デザイン、装備など全てを熟考して約3年半に渡る長期プロジェクト化しDOHC エンジンの採用や、足つき性に配慮するなど、後発の利を生かした設計で、商品性の向上を図ったのです。事前のメディア対策も功を奏し、販売成績も好調で、これにより1968年の H1(マッハIII、2ストローク500cc)および1971年のH2(マッハIV、2ストローク750cc)から出発した、「高性能・大型車のカワサキ」のイメージが北米および欧州で定着しました。
そう、プロジェクト名「ZAPPER」と命名されたカワサキの大型4ストローク4気筒エンジン開発は、大成功を収める結果となったのです。

ちなみにZAPPER(ザッパー)とは「ZAP(風切音)」から派生したもので、カワサキが想定したモーターサイクル分類の中の一つです。スタイルが良く、軽量・軽快で加速性に優れることを身上とし、「シグナルグランプリ」(信号−信号間の競争)に強いといった特徴を有するもので、カワサキはこれが当時の北米マーケットにおける最大要件であると分析していたのですね。


 

 
優しい曲線が形作るティアドロップ型ガソリンタンクは、間近で見るとうっとりとしてしまうほど。

 
フロントにシングルディスクブレーキ、リアにドラムというZ1のブレーキシステムは、
当時のバイクとしては高い水準ではありましたが、現行モデルと比較すると頼りなさは
否定できません。その点現車はリアにもディスクブレーキが奢られています。
これはうれしいカスタムですね。
 
シートは御覧のとおり張り替え済。
   
   
   
 
走行距離は11243km。実走です。

 

 

ホンダ ドリームCB750Fourに出し抜かれた形となってしまったカワサキが、捲土重来を期して作り上げたZ1。
全ての面でCB750Fourを上回るべく作られたZ1は、最大出力82ps/8,500rpmを誇る高性能エンジンを搭載。
これは高回転仕様を実現するべく採用したDOHC化の成功をも意味しました。

駆動系では今日に繋がる成功を収めたZ1は、そのパワフルな走りを武器として順調に販売台数を伸ばします。
しかし、じっくりと熟成を重ねてきた剛性の高い鋼管製ダブルクレードルフレームを持つZ1は、走りの面でも高い実力を発揮します。

現代のバイクと比較してZ1の車体は貧弱とはよく言われますが、実際に走ってみるとその高い実力は目を瞠るものがあります。
巨大なDOHCエンジンを搭載するZ1は、クランクケースが大きく張り出しているため、バンク角はやや浅め。
それなりに腕がないとコーナーは攻められませんかね。


 
タンクとフェンダーは同色でモディファイです。
 
   
サスは御覧のとおり。オーナー様が購入時にはオーリンズが装着されていました。
ちなみにおまけでお付けいたします。
   
   
グリップも差し替えられています。
 
バックステップ
 
おまけのマフラー

   
とりあえずカスタムの内容をご紹介しましょうかね。

・灯火類:(ヘッドライト・ウインカーランプ&ステー)新品交換
・タイヤ:前後新品18インチ
・シート:新品交換
・ホイール:ブラックリペイント  ・メーターカバー:新品交換  
・リアサス:(YSS Zシリーズ・Z362)新品交換  ・ハンドル:(コンチハン)・グリップ新品交換
・リアブレーキ/サブタンク等新品交換  ・マフラー(ショート菅)新品42.7Φ
・バックステップ  ・ブレーキ:(ステンメッシュ)  ・フロントフォーク:(GSXR-1100)
・スイングアーム社外品交換  ・フェンダーレス  ・キャブレターはゼファー750交換
・クラッチ側(パワーレバー)新品

その他諸々  どうぞ画像でご確認くださいませ。

ちなみにオーナー様購入時取り外したパーツも多数あり(ノーマルではありませんが・・・。)

フルノーマルにこだわられる方には正直好みは分かれるでしょうね。

ただ、最高にかっこのいいZ1をガンガン楽しむのであれば肝を抑えたモディファイです。
なんといってもフルノーマルなZ1などもったいなくてコーナーなど攻められませんもの・・・・。納得

さて現車は愛知県にございます。
このまま乗っても変えられますから、一度見学にでもお越しくださいませ。

それにつけてもアメリカから火が付いたZ1の価格の高沸・・・。
恐ろしいものがありますね。

ご連絡お待ちいたします。




Z1です。最近高くなっちゃいましたよね。
でもワイルドなんですよ、これが・・・。





出品地 愛知県

¥1,980,000




*車検は平成32年2月まで。
*自動車税月割のご負担はお願いいたします。



*個人売買ですので消費税はいただきません






掲載車両に関しての質問及び購入、見学のご希望は下記までご連絡願います。

Copris Club 代表 影山まで h・fone:090-4257-9113  e-mai:copris@zc4.so-net.ne.jp







◆ 出品車両募集 ◆

◆大事な愛車の出品ご希望の方は携帯もしくは上記メールまでご連絡ください。
出来る限りご自宅まで取材に伺い、責任をもって私がページを作成いたします。

SEIYAAでは、安心して次の方へ受け継がれるように、随時、購入・見学者様の身元確認などの多数の業務を行っており、所有者に直接連絡を取った者+受けた者(オーナー)は、ペナルティ(規約違反)として、WEB上に身分を掲載する、または、迷惑料1万円〜を請求しますので、マナーをお守りください。


日本最大 世界中の趣味人たちが、安全に個人売買が行える、お手伝いサイト


購入する
その他のオートバイを見る自分も出品する利用規約
-会社概要

100店舗突破!SEiyaa セイヤー加盟店募集


SEiyaa セイヤー!!は 、弊社の登録商標です。

2003 Copyright (c) SEiyaa セイヤー!! Allrights. No reproduction or republication without written permission.

2003年 SEIYAAがすべての権利を保持しています。

許可のない転載、再発行を禁止します。


SEIYAAでは、安心して次の方へ受け継がれるように、随時、購入・見学者様の身元確認などの多数の業務を行っており、所有者に直接連絡を取った者+受けた者(オーナー)は、ペナルティ(規約違反)として、WEB上に身分を掲載する、または、迷惑料1万円〜を請求しますので、マナーをお守りください。


PR広告
SEIYAAにあなたのお店・会社の広告を載せませんか?
お問い合わせは、こちらから!