個人売買 BSA C12 旧車 オートバイ サイドカー 趣味車 スクーター 個人売買お手伝いサイト SEIYAA セイヤー  - その他のオートバイを見る SEIYAAトップ

★またひとつ、大切な思い出が、新たな趣味人の方へ、受け継がれて行きました★

SEIYAAセイヤー 愛知県代表加盟店 影山

◆ただ今出品中のBSAは、こちら です。◆ 

Copris Club Nostalgic Motorcycles Selection
 
  BSA C12
 
 

       

       
2
0世紀に世界最大のオートバイメーカーとしてA65LightningGOLD STARなどの名車を作り出したBSAの始まりは,1861年、イギリス/バーミンガム州に5人の鍛冶職人により設立された、拳銃やライフルなど小火器を製造する国営組織「Birmingham Small Arms-バーミンガム スモール アームズ」でした。

※BSAとは「Birmingham Small Arms」の略称であり「Small Arms」とは小火器の事です。トレードマークを見ていただければ一目瞭然ですね。

小火器に求められる高い金属加工技術、特に拳銃の命中精度に大きくかかわる、円柱素材の加工技術は、バイクのエンジンやフレーム製造技術として受け継がれて行き、軍用バイクも製造する事になります。

やがて大戦も終焉をむかえ、1952年にはBSAはオートバイ部門を独立させ、庶民向けのバイクを製造するメーカーとして発展して行きます。1951年にはトライアンフを吸収・合併していましたが、それが、オートバイ部門の独立を加速したと思われます。


マン島TTや浅間山レースと言った初期ワールドグランプリで、圧倒的な速さを誇ったBSA GOLD STARは、マン島TTクラブマン/350ccクラスにおいて、8年連続全戦1位の座を譲ることなく、500ccクラスでも4年連続1位を勝ち取り続け、プロ・アマを問わず世界中のライダーを魅了し、憧れのマシンでした。

とはいえ、日本車の大攻勢の前にBSAも効しきれず、また、内部の組合との抗争が引き金となって1977年倒産し、トライアンフ共々、その長きに渡る栄光の歴史に幕を閉じたのでした。

しかしながら、より高性能なマシンが存在する現代でも、ビンテージバイクとして、高い完成度・造形美からコレクターズアイテムとして人気を誇り、「モーターサイクル」と言う文化において、長い歴史と数々の伝説を残したBSAの存在は無くてはならない存在です。


      
さて今回ご紹介するのはBSA C12です。空冷OHV250ccのそのボディーは現オーナー様の手により、2年の歳月をかけてレストアされています。
もともとモーターサイクルマニアであるオーナー様は長年かけてBSAを捜しておられました。そんななかで現車との出会いがあったのですね。

もともとの状態は完璧にレストアベースという状態だったのですね。残念ながらエンジンはかかろうはずもなく、ペイントは元のオーナーによる黒一色のあまりい状態とは言えない手塗仕上げ・・・・・。電装品はいわずもがな・・・・。

オーナー様曰く苦しくも楽しい2年間だったそうです。
現在フレームは新たに黒でブラックペイントされ、タンクは元の状態のメッキ仕上げに、電装はすべて引き直され、キャブもフルオーバーホールです。
もちろん時代がかった部分もあるのですがそれも味でしょう。
当日は3回ほどのキックでエンジン始動でした。アイドリングも安定していましたよ。オーナー様は休日には近距離ドライブを楽しんでおられているようです。(動かしてあげた方がいいのはもちろんです)

現状でオリジナルと確実に違うのはキャプトンマフラー(エキマニはオリジナルです)と他のBSAから取り付けたシートぐらいでしょうかね。もちろん両方ともBSAの魅力をスポイルするものでは有りません。
あとは正直私にはわかりません。(オリジナルBSAにかんして詳しくないのですよ)

気になるガソリンタンクの中は錆止加工済です。
残念ながらリアタイヤは現在パンク中ですので修理を願います。F,RともAVONタイヤなのはもちろんなのですが同じものを探すのはおそらく大変だとは思います。

今回ご紹介するに当たりコアなマニアの為の個体ですのでなるべく画像をご用意いたしました。
じっくりご覧いただきご判断いただけたらと思います。

現車は愛知県東部にございます。
まずはじっくりご見学ください。

ご連絡お待ちいたします。

 
BSA A10 (1963年 500cc)
 
BSA RGS 650 (1962年 650cc)
 
BSA DBD34 クラブマン( 1957年 )

BSA A50 (1969年 500cc
 
SSA250 ブルースター ( 1933年 ) 
 
BSA B31 ( 1931年 )
 
BSA M20 ( 1940年式 )
 
 
 
全体的に感じよく仕上げていただいています。新品パーツでのフルレストアもいいのですが
味を残しながらのレストアはオーナー様の趣味の良さを感じさせます。


始動はキーをひねりオイルコックをひねってキック・・。今日は3回で始動です。

   
   
   
   
   
   
 
 
定番ですね。ルーカス
 
渋いです。当時モノのメーター。走行距離は不明です。
   
AMALのキャブレター。純正だと思います。いかがでしょうか。
 
エンジンナンバー
 
シャーシナンバー
 
リアランプは残念ながら少しクラックが・・・。
 
   
 
シートはノンオリジナルですが雰囲気有りますね。
 
   
キャプトンマフラーはオリジナルではないそうですが
違和感はありませんね
 
本当はFフェンダーにはプレートが付いていたのでしょうね。
その名残があります。
 
英国車の常でオイルにじみはありますが、たれるようなものではないです。
 
50年の歴史の中で一度溶接修理されていたかもしれません。
若干名残があるようです。それも現車の歴史なのでしょうね。
ミッションに不具合はありません。
 
   
 
空冷250ccOHV シングルキャブ   美しい造詣です。 機関は安定しています。現状問題はないようです。
エアファンネルからの吸気音も結構いけてました。

 OTHERS
 
リアタイヤAVON Mk2 残念ながらパンク中です。
 
   
   
   

 
貴重なBSAパーツリスト(コピーですが)お付けいたします
パーツはこれを見て発注されたとのことです。まだパーツあるのですね。

   

   
 
オーナー様の現在の相棒です。やはり楽なのですね、ハーレーは。
やはり趣味人のガレージです。各種工具が鎮座していましたよ。
 
ガレージの同居人1号、2号
 

  このまま楽しまれるもよし、さらに手を加えられるのもよし。貴重なBSAです。ご自身のマインドでお楽しみください。


★またひとつ、大切な思い出が、新たな趣味人の方へ、受け継がれて行きました★

SEIYAAセイヤー 愛知県代表加盟店 影山

◆ただ今出品中のBSAは、こちら です。◆ 





●愛知県の出品依頼のお問い合わせは
メール copris@zc4.so-net.ne.jp TEL 090-4257-9113    コプリスクラブ 代表 影山 まで











出品無料!趣味車を手放す予定の方を募集しております。



 詳しくは、copris club 代表 影山まで    090-4257-9113  e-mail:copris@zc4.so-net.ne.jp 
◆取材ご希望の場合は携帯もしくは上記メールまでご連絡ください。近県であればご自宅までお伺いした上、責任をもって私がページを作成いたします








◆今すぐ出品無料の申込をしたい方は、必要事項をご記入のうえで出品申込をお願いします。
◆折り返し、セイヤー担当者から連絡をさせて頂きます。

■購入、または、見学申し込み手順はこちら■


◆お手元に、出品車両の車検証をご用意のうえでご連絡願います。間違いがありません。
◆出品の際には、身分照会が必要です。自動車運転免許証またはパスポートなど、身分照会の出来るものをご用意ください。



日本最大 世界中の趣味人たちが、安全に個人売買が行える、お手伝いサイト


購入する
その他のクルマを見る自分も出品する利用規約
-会社概要

70店舗突破!SEiyaa セイヤー加盟店募集

SEiyaa セイヤー!!は 、弊社の登録商標です。
2003 Copyright (c) SEiyaa セイヤー!! Allrights. No reproduction or republication without written permission.
2003年 SEIYAAがすべての権利を保持しています。許可のない転載、再発行を禁止します




広告PR
広告のお申し込はこちら