個人売買 長江 CJ-750M1M サイドカー 旧車 オートバイ サイドカー トライク 趣味車 個人売買お手伝いサイト SEIYAAセイヤー!− その他のオートバイを見る SEiyaaトップへ

★また一つ、大切な思い出が、新たな趣味人の方へ、受け継がれて行きました★

copris club MotoCollection
長       江   CJ-750M1M
珍しいバイク

今回ご紹介するバイクは”長江”です。
なかなかお目にかかれない中国製の単車ですね。
しかもこの個体はサイドカー付となります。何と走行距離は159km。
BMW譲りの水平対向エンジンも勇ましいです。

まずは”長江”のご説明を・・・・・・。
長江CJ-750、中華人民共和国に拠を置く、長江モーターワークス社の販売するオートバイ、サイドカーシリーズシリーズの事。旧ソビエト連邦IMZ-M72型オートバイの生産施設を買収し製造されたBMW-R71型オートバイ・サイドカーのレプリカバイクシリーズであす。
サイドカー部分にドライブシャフトを持たない(1WD)ため、日本国内で運転するには大型自動二輪免許が必要となります。

元来、軍両車両であったため中国国内の工廠で生産されていたのですが、改革開放後は民間の工場が製造しています。
中国国内でも「長江」のブランドで販売されているのですが、改良型などの製品によっては別のブランド名で販売されている場合もあります。

2007年現在も中国人民解放軍において、迷彩色に塗装されたOHV式エンジン搭載のM1-SUPERの稼働が確認されており、現役第一線で現在も使用されている。基本的に民間に販売されている物と軍用との機構、外観的な仕様の差はほとんどありません。

長江モーターは日本に代理店を設けていないため、自動車ディーラーを通して購入することは困難であす。しかし、ショップや商社単位で並行輸入しているところがあり、入手は可能であす。側車側の方向指示器が標準で無い等の日本の車検基準を新車の状態で満たしていないため、公道を走行するには基準を満たすよう改造を行なう必要がありますが現車は登録済ですので安心ください。

歴   史

CJ-750シリーズは、同じBMW-R71型を祖とするソ連製IMZ-M72型(後のIMZ・ウラル)と同じく、BMW-R71型のコピーですが、少々複雑な経緯を持つバイクです。第2次大戦後、1949年に中華人民共和国というソ連に続く共産主義国家として独立した中国は、毛沢東率いる中国共産党指導の元、重工業に非常に力を入れました。その際、旧日本軍が事実上の戦後賠償で遺棄した工業施設などを利用し、また、当時同じ共産・社会主義国の盟友で、アメリカと工業、科学力を二分したソビエト連邦の支援の下、あらゆる工業分野で自国生産をめざし国づくりに奮起していたわけです。そのような中、オートバイ生産にも力を入れ、1950年、当時の「北京第6自動車工廠」が中国にも輸入されていたドイツのツンダップKS500型オートバイを解析し、主に軍用バイクとしてそのコピーバイクを生産していました。KS500のコピーバイクは1951年までに総数4248台が製造されたのですが、その数から見てわかるとおり、軍用として考えた場合もそうですが、民間にも販売されることを前提としてみても中国の人口比需要から比較して、その数は決して多い生産数ではありません。というのも、当時の中国では、オートバイ生産に限らず、工業製品のほとんどを、中国の十八番である人海戦術の手工業で生産しており、オートバイのような複雑な部品で構成される工業製品をいくら人海戦術といえど先進工業プラント並みの生産数を確保するのは無理な話であったようです。更に、ツュンダップKS500を選択肢に選んだことにも問題があり、終戦当時ドイツではBMW−R75型と部品の互換性を持つツンダップKS500が準主力バイクとして生産されており、KS500は既に旧式のオートバイであったようです。この能率の悪い状況に当時の解放軍首脳部は思案したわけですが、幸運にも盟友ソ連がこの状況を聞きつけ、当時中国にもあったソ連軍の主力軍用バイク、「IMZ-M72型」オートバイの生産プラントを中国政府に販売することを申し出たのです。ソ連政府は既にBMW-R75をベースにした新型バイクの開発に着手しており、将来的に旧式になるM72の生産プラントを処分したい意図があり、また中国は中国から見て当時最新に近いオートバイプラントを安く手に入れることができるというお互いの利害が一致し、中国政府はそのM72の生産プラント、及びその技術一式をまるまる購入することに成功したのです。そしてその後、KS500のコピー製造を中止し、解放軍の主力バイクを全面的にIMZ-M72型ベースのバイクに移行することにし量産を開始しました。1957年、エンジンなどをBMWシリーズを参考に独自設計したその第一号量産型が、上記写真にある「CJ-750 M1」型オートバイ・サイドカーです。


さて現車の説明です。
走行距離は何と159km、現在車検は一時抹消、セルモーター付き。


現オーナーの手元に来てから一度も公道を走らせていません(じつは現オーナーは大型バイクの免許がありません)
どのようないきさつで現オーナーの手元に来たかはお問い合わせ時にお話しいたします。

ほぼ新古車並みの状態なのですが、残念ながらメッキ部分とエンジンヘッドに錆が。(けっして酷くはありませんが早めのお手入れお願いいたします)
12月にはセル一発でエンジンがかかったのですが、今回取材時にはバッテリーが弱くなっていたのでしょうか勇ましいエンジン音を聞くことができませんでした。

本体の塗装の状態はいい感じです。

個性的なバイクです。できればバイクメンテナンスに長けた方のところに早めにお嫁に行っていただけたらと思います。
そういう意味で今回特別価格でのご紹介です。

走行距離も少なく状態もいい感じです。
是非一度見学にお越しいただけたらと思います。

現車は愛知県にございます。
ご連絡お待ちいたします。

個性的なあなたに

下記画像に関しては色が濃い目に売っていますが、実際はトップページの画像通りです。
★また一つ、大切な思い出が、新たな趣味人の方へ、受け継がれて行きました★


メール copris@zc4.so-net.ne.jp TEL 090−4257−9113  FAX 053−522-8108   コプリスクラブ 代表 カゲヤマまで


■購入、または、見学申し込み手順はこちら■






出品無料!趣味車を手放す予定の方を募集しております。

◆このように、ご自身の趣味車を出品したい方を募集してます。セイヤーは出品無料です。
◆担当者との打ち合わせ後、ご自宅または、近隣の公園などに伺い取材をおこなっています。
◆今すぐ出品無料の申込をしたい方は、必要事項をご記入のうえで出品申込をお願いします。
◆折り返し、セイヤー担当者から連絡をさせて頂きます。
◆お手元に、出品車両の車検証をご用意のうえでご連絡願います。間違いがありません。
◆出品の際には、身分照会が必要です。自動車運転免許証またはパスポートなど、身分照会の出来るものをご用意ください。

 詳しくは、
copris club 代表 影山まで 090-4257-9113 fax:053-522-8108   e-mail:copris@zc4.so-net.ne.jp 


日本最大 世界中の趣味人たちが、安全に個人売買が行える、お手伝いサイト


購入する
その他のオートバイを見る自分も出品する利用規約
-会社概要

60店舗突破!SEiyaa セイヤー加盟店募集




PR