個人売買 マセラティギブリU スーパーカー 趣味車 旧車 名車 絶版車 趣味人お手伝いサイト SEiyaaセイヤー!  その他の車を見る SEIYAA TOP

『やはり!内装は、ブッラクより”高級感ある内装は"柔らかい"コノリーレザー”でしょ!』

マセラティ ギブリ U

右足に理性を!ビトルボパワー全開!アクセル踏み過ぎ注意!★”あっ”という間に神の領域★

機関・足回りなども交換などオーバーホール・整備されている為、
オイル漏れやオートマのショックも無く!


『あなたもトライデント(三叉鉾)に刺されてみては^。^』

■車検証事項■
車名 マセラティ  初年度登録 平成7年4月  車台番号 ZAM336B00***********
型式 E−MG   車検有効期限 一時抹消済  排気量 2.78l  長さ421 幅177 高さ131(cm)
走行 176000km(たまに乗るため、伸びます) 旧走行距離 174500km(平成28年6月20日)、171900km(平成26年5月12日)
★ガレージ保管
★コーンズ 正規ディーラー車
★事故による修復歴 なし 

◆あなたが観ている、マセラティ ギブリUの特筆すべきポイント◆
取材に伺うと、手のひらで優しく洗車しているオーナーに驚き!
『こうすると、塗装面に良いんだよね』と嬉しそうに語るオーナーに脱帽!

ショートホイールベースが素晴らしい、、ギブリU!

カウンタックやストラトスを手掛けたガンディーによる、最高のデザイン!

現在は、ガレージ内にて、室内や外装を磨いて眺めたり^。^、たまに仮ナンバーで、イベントに参加に高速ツーロングやワインディングを楽しんでいます。

『このギブリは、あたりだね!僕のアルピーヌV6やQ4より、断然速いよ』と楽し気に語るオーナー!

オーナーは、旧車のコレクターでもあり、全ての旧車が、エンジン一発始動なのに驚きました。
『整備するのも好きなんだよね』と、全ての旧車を自分で整備し、車検も通すほどの趣味人です。
『安く上がるのと、大切にメンテナンス・維持管理してきた結果がわかる日だしね』と嬉しそうに語るオーナーに脱帽!
いろいろと、維持の仕方や車検などのお話を聞いてみるのもいいでしょう!

試乗は、仮ナンバーにて可能です。

222SRやQ4、アルピーヌV6、TTなど、ヨーロッパのターボ車をこよなく愛するオーナー!

カウンタックやストラトスを手掛けた、ガンディーニデザインが好きな方が増えればと、コレクションのうち一台を出品いただきました。

お気軽に、この加速感を感じてみてください!


2016年〜
12月 
走行動画は こちら
12月 
ボンネット・サイドルーフ 曇ってきたので、綺麗に塗装しました。
12月17日 エンジンフードインシュレーターを交換しました。こちら

2017年〜

1月7日 エンスージアストオーナーのマニアックなブログはこちら
1月8日 イベント参加後の画像はこちら


2月19日 
走行シーン動画 こちら
『昨年末、気温0度極寒の中を疾走する、ギブリU
極寒の中を走る姿は、北方謙三氏の傷だらけのマセラティを彷彿させる、ハードボイルドなシーン!』

3月11日 走行シーン動画はこちら  こちら 『雪も解け、ツーリングシーズンもうすぐ!ちょっと早めに仲間とツーリング!』
3月15日 外装ポリマーコーティング後のロングツーリング時の画像は こちら
3月16日 内装クリーニング、配線クリーニングとオイル交換日記はこちら
3月27日 センターコンソール分解クリーニングはこちら

4月16日 滝桜花見後〜洗車〜エンジン始動〜内装〜エンジンルーム〜外周 動画は、 こちら
4月16日 エンスージアストオーナーのマニアックな洗車ブログ 
こちら
4月22日 暖かくなる前に、エアコンのガスをチャージしました。これで、暖かい季節も快適にドライブできますね!

5月2日 ギミックな仕掛けを発見
 こちら
5月9日 オーナー拘りのエイジング工法による、シート・センターボックス ひび割れ箇所 リペアは、こちら
5月19日 マセラティ蘊蓄マセラティーは、今でも職人の手作りのメーカーで、伝統工芸品に近いモノづくりのこだわりが随所に伺えます。
一例:出荷前のボンネットやドアのちりあわせ、どうするか知ってます?平板やパイプをてこにしたり^。^、ハンマーと力技^。^で、細かく微調整するんです。それも手慣れた作業で!特に、このギブリなんて、ガンディーニのこだわりまくったデザインのおかげで、ドアにちりを合わすのは、力業・職人技以外無いんです^。^
二例:室内はほとんど、皮と木の工芸品と言っていいくらいです^。^木ねじを使っているところもあちらこちらに^。^
結論としては、手作りだからこそ、いつまでも手をかけてあげれば、アンティークの工芸品と同じく、いつまでも愛せるんですね!*このオーナーもそうですね!
皮製品や機械や貴金属など、一つのモノを大切に使い続け、次の世代に
受け継がせる伝統・文化の、イタリアらしい!マセラティらしい!

★6月9日 余談
昨年の2016年6月に継続車検を取り、夏が過ぎ・冬に入る11月末に、奥様より『趣味車を減らしなさい!特に222SRもあるんだから、どちらか、マセラティをやめなさい!^。^;』と言われ、泣く泣く、2016年12月に一時抹消にしました。 『自賠責は、たっぷり残ってるから、仮ナンバーで、高速道路での長距離ドライブなど楽し『手を入れたいところもあるから、まだまだ、楽しんでるだ〜』と楽し気に語るオーナー!
こんな楽しんでる方が、オーナーになるといいですね!


★6月16日 高速道路200kmツーリング途中 カフェにて一服時の画像 
『マセラティ ギブリを知らないであろう、老若男女、皆、振り返ります^。^』



ここ最近、ガンディーにマスクのマセラティ ギブリUの価格高騰が叫ばれて久しいのですが、
ここ数年でかなりの数の個体が日本を後にしていることは周知の事実です。
これはマセラティギブリUに限った話ではないのですが、素性の知れたコンディションの良い個体ほど海外に持ち出されているという現実があります。
輸入車にとっては里帰りを果たすことになるのかもしれないのですが、出来れば本当に価値のある個体は国内にとどまってほしいものです。

SEIYAA取材

仮ナンバー持参で、乗って帰ることも可能です。

8月4日 最新動画 こちら  『オンザレール!ロールせずに、路面に吸い付くように走る姿は圧巻です』

8月25日 ミラーカバーを外して、お掃除するオーナー!
『結構ほこりがたまってるからね!たまにやるんだ!』
17万キロを最高のコンディションで乗られている意味が分かる気がします!
*走行距離は、コンディションに関係がない(走行短くても愛着が無く可哀そうな車はたくさんあるしね)のがわかる一台ですね!


9月12日 屋根を塗装しました。『少し曇ってきたからね!車高が低いから、屋根が美しいと気分が高揚するんだ^。^』と嬉しそうに語るオーナー!


提出済み証明書 本人照会済み・身分証明書提出済み・車両情報照会済み

★全国格安陸送 承ります★

★価格 108万円 価格応相談可  出品地 福島県郡山市

*個人売買ですので、消費税など掛からず、上記の金額のみで、購入できます。
*銀行のマイカーローンなどを申請される方には、ローンの見積書作成します。



ご相談・見学・輸送費等・その他のお問い合わせは、

◆メールは、 こちら
 seiyaa_desk@ybb.ne.jp / 090−8100−3370 SEIYAAスタッフ


8月4日最新取材画像

『こまめに乗ってあげて・手をかけてあげると、応えてくれるのが、このギブリなんだよね』と楽しそうに語るオーナー!
『ほら、ガラスの冷房の曇りを見ればわかるでしょ!^。^寒いくらいエアコンがよく冷えるよ』とうれしそうに語るオーナー!
『こまめに乗るのが、マセラティにはいいんだよね!』と嬉しそうに語るオーナー
やはり!内装は、ブッラクより”高級感あるアイボリーホワイト”でしょ!
以上が、8月4日撮影 最新画像


ここからは
2016年12月〜2017年初期の画像
ガレージを開けると、迫力ある、ガンディーニマスクが現れました

今の肥え過ぎたマセラティにはない、
この車高の低さとショートホイールベースが、スーパーカー足らしめている
取材に伺うと、手のひらで洗車しているオーナーに驚き!『こうすると、塗装面に良いんだよね』
と嬉しそうに語るオーナーに脱帽です!
ギブリGTを意識した7スポークホイールがセンスいいです!

『ホイールのサイズが前後違うから、探すの大変だったよ!』
と、満足げに語るオーナー!^。^
さて、出発です
中後期から,エンブレムにアーモンドの枠が装着*ギブリうんちく
この角度もいいですね!
ギブリGTを意識した7スポークホイールがセンスいいです!

『ホイールのサイズが前後違うから、探すの大変だったよ!』
と、満足げに語るオーナー!^。^
この角度もいいですね!
中後期からリアのGHIBLIのエンブレムが消え、
より一層、骨太な印象を与えます!
『222SEやビトルボより、
ガンディーニデザインによるギブリは、カッコいいでしょ』とオーナー!
足回りもシャキッとしていますね!
15万キロの頃に交換・整備しているようです。
このショートホイールベース!
路面に吸い付くように走る、コーナリングが、とても楽しいのです!
17万キロをこのコンディションでいるのは、素晴らしいと思います。
オーナーお気に入りのショット!
ミラーに映る、迫力あるブリスターフェンダーにうっとりしてしまいます^。^
前期型のアミのスリットより、後期型の凝ったスリットの方がいいですね!
*ギブリうんちく
このシーンも迫力ありますね!
ギブリGT”を意識した、
7スポーク・5ナットホイールにモデファイチューンがいいですね!

『ノーマルギブリの通称うねうねホイールは、格好悪いからね』とオーナー!
ギブリ 予備知識
『ガソリンコックは、エンジンを切ってからではないと開かないように、
安全設定されているのです』
ラジオにスイッチを入れるとアンテナが伸びます!

こういう、一つ一つの機能が、きちんと稼働するのが、管理の良さを伺えますね
アルミを使用するところが、骨太なイメージを助長します。
★3月16日 シート/センターボックス ひび割れ箇所 リペアは、こちら
300kmまである速度計!
アクセルを踏んでみれば、その意味が分かります!
足元もゆったりです!
GHIBLIのマークがさりげなく!
しかし、それがかえって乗り手を興奮させますね!

『やはり!内装は、ブッラクより”高級感ある内装は柔らかいコノリーレザー”でしょ!』
『職人さんに、多少使用感がある様に、エイジング工法にて、ひび割れリペアの依頼したんだ!いいでしょ!』
とこだわりのエンスージアストなオーナー!
17万キロで、この状態を維持するには、
オーナーの裏技(ケミカルなどの薬品を使わない)があります。
*だから室内は、今も皮の香りが心地よく広がっているのです!

会った際に聞いてみてください!
後部座席も、結構広々しています。
CDチェンジャー
『中には、JAZZのCDが入っていました^。^)似合います』
自動シート・サスペンションコントローラー・道路凍結注意ランプなどなど

全ての機能が正常に稼働しているが、管理の良さを伺えます
時を刻んでいます
バイザーの蓋を開けると、両サイドの照明点くのが、ギミック!
グローブボックス内にさりげなくETC!
と、マニュアルが入っていました!
ここにもマセラティの紋章が
ここにも
ここにも
ここにも
ここにも!乗り手を喜ばせますね!
広々しています
トランクフード裏に工具があります!
これは、マセラティに装備されている、パンク修理キットです。

こういうパーツも維持されているのが、管理の良さを伺えますね!

エンジン・ミッション オーバーホール済のため、オイル漏れ/オートマショックも無く
今でもビトルボ(ツインターボ)の
最強の加速で、現役絶好調
ゴム類なども艶があり、整備の良さを伺えます。
こういう所がきれいなのも、うれしいですね!
エンジン・ミッション共に、オイル漏れも無く、整備の良さを伺えます。
15万キロ頃に、一度、オーバーホールしているようです。
『乗ってみるとわかると思います』
マフラーも交換して間もない為、綺麗ですね!
デフもオイル漏れも無く、整備の良さを伺えます。
15万キロ頃に、一度、オーバーホールしているようです。
『乗ってみるとわかると思います』


★走行動画はこちらをクリック★

2.8L V6 ツインターボ のパワーを是非味わってください。

★2016年12月17日★
エンジンフードインシュレーターを交換しました。


『ボンネットも塗装してきれいだからね!
ついでに持っていたエンジンフードインシュレーターも交換したよ!
エンジンの熱で、ボンネットも傷まないしね!また、室内の音も一段と静かになったよ』
と、こだわりのオーナー!
◆2017年 1月7日 追加ブログ◆
配線周りを掃除するマニアなオーナー
『全ての車をこうしているんだ』
『メーター内も結構ほこりがもたまるからね』
と、マニアックなオーナーに笑劇^。^
掃除したら、メーターを戻して、ハンドルを取り付けて終了!
『旧車乗りの方は、一度はやってあげると愛車も喜ぶよ』
と、嬉しそうに語るオーナー!
『自分で行えば、愛着も深まるしね』

いろいろ、旧車を維持する為のマニアックな話もしてみるといいですね!

その他に、
絶好調の20万キロ超えの222SRや25万キロ超えのQ4などなど、
大切にすれば、ここまで現役で走れるんだということを知れる
エンスージアスとなオーナーです!


◆2017年 1月8日 イベント参加後の画像◆
『300km走破しました』とオーナー!


◆2017年 3月15日◆
外装ポリマーコーティング後
晴天の中、仲間とツーリング
300キロのロングツーリング休憩中
隣の小型乗用車と比べても、車高の低さが際立ちます。
『でも、室内空間はかなり広んですよ』とオーナー!

2017年3月16日
ツーリング後、
内装クリーニングと配線クリーニングとオイル交換
オーナー秘伝のあることをすると、このように、皮の目地の黒ずみも、このように綺麗になります。
すごい綺麗になりますね!驚きです!

次は、配線掃除とカーペットクリーニングです。
まず、サイドカバーとカーペットと防音材を取り外します。
カーペットは、別途クリーニングします。
配線周りを綺麗に掃除して、配線をもとに戻します。

ふかふかのサテン生地のカーペットを元に戻して終了!
光の角度で、7色に輝くサテン生地のカーペット

頬ずりしたくなりますよ!
『300kmのロングツーリング、お疲れ様』と感謝の気持ちを込めて、オイル交換!

いつまでも見ていたくなる、美しいエンジンルーム!

『ガンディーニのギブリをいずれ手に入れる皆さん! ギブリUの参考にしてください』とオーナー
2017年3月27日
センターコンソール分解クリーニング
センターコンソール周りを取り外し、クリーニング!
『こうすると、車が喜ぶんだよね』とオーナー!
好きなんですね^。^
クリーニングが終わったら、パネル等を取りつけ
おー、綺麗になりましたね!

2017年 5月9日
オーナー拘りの”エイジング工法による”

シート・センターボックスなど
ひび割れ箇所をリペアしました。

『職人さんに、エイジング工法(多少使用感がある様に)による、ひび割れのリペアの依頼したんだ!いいでしょ!』
とこだわりのエンスージアストなオーナー!
全ての車を大切にしているオーナー!エンスージアストの鏡!
好きなんですね〜^。^

4月16日
エンスージアストオーナーのマニアック洗車ブログ
洗車の拭き取りの際、乾湿掃除機にて、隙間の水滴をすべて吸い取るオーナー!

『エアーで飛ばすより、吸い取るほうが断然いいんだよ!
エアーで飛ばすと奥に入り込んでしまうんだよね。
吸い取りの方が、奥の水滴も完璧に吸い取るからね!』
『何年たっても、いい状態でいられるよ』
とマニアックなオーナーに脱帽です!
紫外線などに当てないように、洗車が終わったら、シャッター付き車庫にて、お休みです。
『滝桜の花見、楽しかったね』

4月21日
桜並木の中を走り抜けるギブリU

休日にワインでも飲みながら”眺める”、ただそれだけの時を過ごすのもイイですね!

『ほとんどのギブリUオーナーは、たまにしか乗らない人が多いいからね』とオーナー!

常にさわり(手をかけ)、乗っているオーナーに脱帽です



ここ最近、ガンディーにマスクのマセラティ ギブリUの価格高騰が叫ばれて久しいのですが、
ここ数年でかなりの数の個体が日本を後にしていることは周知の事実です。
これはマセラティギブリUに限った話ではないのですが、
素性の知れたコンディションの良い個体ほど海外に持ち出されているという現実があります。
輸入車にとっては里帰りを果たすことになるのかもしれないのですが、
出来れば本当に価値のある個体は国内にとどまってほしいものです。




現在も、毎週、高速道路ツーリングを楽しんでおります。


仮ナンバー持参で、乗って帰ることも可能です。
★全国格安陸送承ります★

★価格 108万円 価格応相談可  出品地 福島県郡山市

*個人売買ですので、消費税など掛からず、上記の金額のみで、購入できます。
*銀行のマイカーローンなどを申請される方には、ローンの見積書作成します。



ご相談・見学・輸送費等・その他のお問い合わせは、

◆メールは、 こちら
 seiyaa_desk@ybb.ne.jp / 090−8100−3370  SEIYAAスタッフ

日本最大!世界中の趣味人たちの個人売買お手伝いサイト


購入する
その他の車を見る自分も出品する利用規約

70店舗突破!SEIYAA加盟店募集

オーナー車両

 

日本最大!世界中の趣味人たちの個人売買お手伝いサイト


購入する
その他の車を見る自分も出品する利用規約

70店舗突破!SEIYAA加盟店募集